works

施工事例

日射取得、薪ストーブ、カーポート、断熱性能を重視 帯広市・H邸

帯広市のHさんは、友人2人がマイホームを建て、体験談として「間違いのない提案をしてくれる」「おしゃれな家ができる」と絶賛していたCryptn(クリプトン)で2020年春に新居を建てました。

株式会社Cryptnについて

株式会社Cryptn(クリプトン)は自由設計の注文住宅メーカーで、帯広を中心に十勝圏で年間18棟ほどの新築住宅を設計施工しています。

設計・デザイン力が強みで、顧客のデザイン的な好みや生活動線などを踏まえながらも、意匠面でもワクワクする提案を重視する設計事務所的側面もあります。

施工面では腕の良いベテラン大工3名と新進気鋭の30代の大工が3人、合計6名の専属大工がいて、一度に3現場で住宅施工が可能な体制を構築しています。

また、竹市社長は地元の住宅団体「十勝2×4協会」の会長として、住宅業界の技能向上もけん引しています。

なぜCryptn(クリプトン)をОBさんたちが高く評価するのか、そしてHさんも実際に住んでみてどうだったか、お話を伺いました。

友人お二人のクリプトン評とは?

Hさん 最初、私は住宅会社の完成見学会やモデルハウスをたくさん見に行きました。その中でも大手ハウスメーカー2社はデザインが素敵で良かったのですが値段が高くて。

そんな時に、何度も遊びに行ったことがある友人の家を思い出して、話を聞いたところ「竹市社長に相談するのがおすすめ。おしゃれな家を提案してくれるので」と話してくれました。

もう一人の友人も、家の雰囲気やカタチは全く違いますが、竹市社長が独立創業する前に家を建てていて「住み心地もデザインも希望を叶えてくれるよ。家を建てるならクリプトンがおすすめ」と推薦してくれたんです。

そこでクリプトンさんに話を聞きに行ったら素敵な家の施工実績をいろいろ見せてくれて、しかも住宅性能のことも詳しく話してくれて安心したので、その段階でほぼ、もうクリプトンさんにお願いしようと決めました。金額的にもハウスメーカーとはだいぶ違いました。

打合せはどのように?

Hさん まず私が住みたい家の要望を竹市社長が詳しく聞いてくれました。特に「陽射しがよく入る明るいおうち」「薪ストーブ」「カーポート」「断熱性能」「ウッドデッキ」「間接照明」「一階寝室」「十分な収納」などを要望したと思います。

私の要望を踏まえて竹市社長が2案ほど提案してくれて、そのうえで細かく、丁寧に打合せをしてくれたんです。打合せは10回以上したと思います。

外観は、北側道路の土地を購入し、南側の窓を大きくしてもらって、カーテンを開けて過ごせる家を希望し、それが実現しました。敷地の道路側に家を配置することで除雪の負担を軽減したり、家と物置とを一体化したカーポート(ビルトインガレージ)を提案してくれたり。外壁の色は白か黒かで迷いましたが、室内を白基調にしたので白に決めました。

玄関も綺麗ですね!

Hさん 白を基調に、木の風合いも好きですし、家じゅうを明るくしたいと要望したのがこの玄関ホールにも活かされています。地窓があって、室内ドアも透明ガラス入り、間接照明もあって明るいです。帰宅したらすぐリビングにある薪ストーブの炎が見えるので家に帰ってきた瞬間嬉しい気持ちになります。

リビングも明るく開放的!

Hさん 窓も多く明るい家にしたいと要望したら、吹き抜けに高窓も加わり、日中は照明が必要のない明るいリビングになりました。竹市社長はできるだけ要望を叶えようとしてくれますが、構造的な面などで難しいことは別の解決策を考えてくれたりと、本当に丁寧に説明、提案してくれます。リビングの窓は、カーテンがなくても隣地との境に塀を設けたので庭を眺めながら開放的に過ごせます。

「薪ストーブ」も大事な要望でしたね?

Hさん はい。実家も姉の家も薪ストーブなので、薪ストーブの魅力は知っています。友人の家も薪ストーブのある広いおうちで素敵だったので、私もぜひ付けたいと思っていました。薪ストーブは、慣れれば火をつけるのは簡単ですし、その後は薪を足すだけです。焼き芋やピザも作れるので楽しいんです。

キッチンまわりも絵になりますね

Hさん アイランドキッチンを選んだのは、リビングにいる娘と話したり、テレビを観ながら料理をしたりしたいと思ったからです。

タカラスタンダードのアイランドキッチンを選んだのは、生ごみを台所の排水口部分で粉砕して水と一緒に下水道に流す「ディスポーザー」に対応できたからです(帯広市は2018年からディスポーザーの使用を許可している)。

Hさん キッチンの背面収納は、タカラスタンダードのカップボードと、大工さんや建具屋さんが造作で作ってくれたオーダー品が組みあわさっています。ワインを収納できる専用棚も付けてもらいました。ここにも間接照明をつけてもらいました。

スケルトン階段の下に勉強スペースもありますね

Hさん 子ども部屋は2階にありますが、勉強はリビングでしています。寝室も1階にあるので、実は2階はほとんど使っていません。寝室を1階にすると1階部分の面積が増えてしまうので予算との兼ね合いで迷いましたが、結果は1階に寝室を置いて大正解でした。

合理的な生活動線、老後の生活を踏まえて1階でほとんど生活が完結するようにプランニングしていただいたのです。

水回り空間も明るいですね

Hさん 洗面室や洗濯物を干すスペースは一階の北側にありますが、吹き抜けとつながっているので、2階から陽が入り、明るいです。使いやすい洗面台、家事がしやすい適材適所の収納スペースなど、暮らしやすい工夫がたくさんあります。

家づくりで苦労したのは?

条件に合う物件を見つけたと思ったらすぐに売れてしまう。土地不足なのか即決しないと買えない状態でした。この土地も少し迷いましたが、学校やスーパー、ホームセンター、公園なども近いし、北側に道路があるので南側に庭を作って、リビングから庭を眺めて暮らせると考えて決めました。

デザインの要望などはどのように?

Hさん デザインや仕様の面では、私は以前から建築物などを見るのが好きで、snsのピンタレスト(Pinterest)で「薪ストーブ」「洗面所」「リビング」などのキーワードを入力して海外のおしゃれな住宅を見たりもしました。そうしたイメージも竹市社長に伝えて設計に盛り込んでいただきました。

家の暖かさは?

Hさん はい。その点は住宅会社選びの際も重視しました。実際住んでみると暖かくて快適です。朝からずっと陽射しが入っているのもあると思いますが、夕方に薪ストーブを一度焚くだけで、朝も寒くないので暖房が要らないと感じます。

外がマイナス20℃近い日でも窓際も全くひんやりしませんし家の中がどこも暖かいのが嬉しいですね。

H邸は、壁の断熱は2×6の壁内に140ミリのグラスウール+ネオマフォーム45ミリの付加断熱、日射取得重視の南面を除く3方向はトリプルサッシ。暖房は薪ストーブを主暖房、セントラルヒーティングを補助暖房に採用。給湯はエコジョーズ。なお、Cryptn(クリプトン)は十勝2×4協会の会員で「フレーミング検定」や「気密測定」などを通じて住宅性能向上にも取り組んでいます。

最後に一言

Hさん デザインも性能もしっかりしている住宅会社だと思います。新築後1年目の定期メンテナンスでも、クロスの部分的な隙間や基礎廻りなど細かな手直しも丁寧に対応してくれました。

文鳥を育てていて、引っ越し直後は環境の変化に驚いていましたが、今は吹き抜けのあるリビングを自由に飛び回って、階段の手すりなどいろんなところで寛いでいます。

いろんな要望をたくさん伝えて、何度も打合せをしていただいたのでご迷惑おかけしたかなと恐縮しています。そのぶん希望がたくさん叶って、納得できて、後悔している部分は全くありません。友人知人もこの家をとても褒めてくれます。